HOME » 収益住宅の経営Q&A

収益住宅の経営Q&A

賃貸併用住宅など、収益住宅の経営で知っておくべきことをQ&Aにまとめています。

はじめての収益住宅経営Q&A

賃貸併用住宅を経営するメリットは?

一戸建てを購入するとき、賃貸併用住宅として設計すると、賃貸部分の家賃収入で月々のローンを返済できます。そのため、経済的な理由などで住宅ローンを払えなくなるリスクが少なく、安定感のある資金計画を立てることができます。

その他、所得税や相続税を節税できたり、ローン返済後は賃貸部分も自由に使えるといったメリットもあります。

経営のリスクはありますか?

賃貸併用住宅、マンション、アパートのいずれも、一番のリスクは空き室が出ることです。その対策としては、まず一括借上げのサポートを行っている不動産会社に管理をお願いすることが挙げられます。
ただ、オーナーさんは相応の手数料を支払う必要があるほか、不動産会社から家賃の値下げを提案される場合もあり、最初に想定していた収入が目減りしてしまうこともあるようです。

もっと根本的に空き室リスクを避けるには、収益物件を設計する段階から建てるエリアのニーズを調査し、その地域での需要に応える賃貸物件にすることが大事です。事前のリサーチをしっかり行い、その地域の人に求められている住宅にできれば、空き部屋リスクをかなり減らすことができます。そうした魅力ある物件作りにも協力してくれる建築会社を選びましょう。

賃貸併用住宅だと、オーナーと入居者のプライバシーに
不安がありませんか?

オーナーの住居と賃貸部分で入り口を別々にしたり、防音対策を徹底することで、お互いのプライバシーを守ることができます。賃貸併用住宅の建設・管理で実績のある建築会社なら、そのあたりもしっかり心得ていますので、安心してお任せできます。

大家は未経験でもやっていけるのでしょうか…

建物の設計・施工だけでなく、入居後の管理やサポート、トラブル対応もしっかりしている建築会社をパートナーに選べば、初めてオーナーになる方でも不安なく収益住宅を経営できます。
傾向としては、地域に密着したスタイルで長年の経験、実績を持つ会社であれば信頼できるようです。